スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ふわふわイーゴくん制作日記】4.ふわふわの下絵を描こう!

こんにちは! 第19回青山学院大学同窓祭広報委員会です。
さてさて、ふわふわイーゴくん制作日記第4回目です。
皆様、同窓祭でふわふわイーゴくんをご覧になりましたか?
あのふわふわには、たくさんの人の真心と、
日本が守っていくべき技術が込められているのです。

前回の日誌、【ふわふわイーゴくん制作日記】3.ふわふわの畳み方では、
  • 送風機と繋がない土台の赤いチューブは、ふわふわの収納時に空気を素早く抜くためにある。
  • ふわふわから空気を抜いたら、幅が1~1.2mくらいになるよう三つ折りにする。
  • 高さ7~8m、重さが約180kgあるドーム型のふわふわを、自動販売機くらいの大きさになるよう畳む。
  • イーゴくんを作る株式会社アキザト社長のたっつあんは50kgも(以下略)


  •   「そこで略すと太ったみたいじゃないですか
       っていうかこの写真、どこから持ってきたんですか
      「あ、親方! ちーっす!」
      「今は50kg痩せたんです~~
       汗疹もできなくなったんです~~
      「(無視)今回からは具体的に、ふわふわの作り方を
       教えていただきたいんですが……。
       ぶっちゃけ企業秘密とか、大丈夫なの??」
      「ふふふ。弊社のやり方を公開しても
       真似できる会社は少ないですからね
      「おお! 今、初めてたっつあんをかっこいいと思った
      現在のたっつあんはこちらです




      今日からは、ふわふわの作り方をご紹介します。
      だいたいの工程は
      1.イーゴくんの資料から下絵を起こす
      2.下絵から粘土でイーゴくんの模型を作る
      3.模型にマスキングする
      4.型紙を作るために生地の裁断方法を決める
      5.マスキングテープをカッターで丁寧に切り取る
      6.マスキングテープをパソコンに取り込み修正する
      7.修正したデータを印刷する
      8.切り抜いて型紙を作る
      ここまでを、都内の株式会社アキザトで行ないます。
      その後、関東地方某所にある工場へ場所をうつし
      9.生地を型紙で裁断する
      10.上部と土台を別々に縫製する
      11.土台のテストをする
      12.上部と土台を合体させる
      13.第1回立ち上げテスト
    テストでOKが出たら、工場からふわふわイーゴくんが納品されます。その後、
    14.都内で第2回立ち上げテストをする
    以上で制作工程は終了となります。

    手順で表すとこんなかんじですね。
    ed04_02.jpg



    「た、たっつあん……」
    「はい、なんでしょう?」
    「むちゃくちゃ大変じゃん!超手間暇かかってるじゃん!」
    「はい、アキザトは国内生産にこだわってます!
     縫製と布地の品質で、日本にかなう国はありません。
     型紙の製造過程などで3Dソフトを使わず、手作業で行うことなどで
     コストダウンを図っています。
     3Dソフトを使うとなると、導入費、オペレーターの人件費、
     毎年のライセンス更新などでコストがかかりますからね」
    「ほほー、パソコンを使うことだけがコストダウンじゃないんですね。
     人の手をかけることが、かえってコストダウンにつながることもあるのね。
     勉強になったよ!」


    みなさまに、よりお手頃価格で楽しく安全なふわふわをお届けすることが
    アキザトの使命だと思っています!
    今回は、ふわふわ制作手順の
    1.下絵を描く
    をご紹介しますね。

    左のイーゴくんの元絵から下絵を作成します。


    AdobeのPhotoshopを使って色を塗っていきます。


    これで完成!と思いきや、塗った絵に2カ所間違いが!
    どこだかわかりますか?


    まずひとつめ、足の指を見てください。爪の色と指の向きが違います。
    ふたつめ。目玉の黒の面積と、目全体の縁取りが違います。
    画像を比べてみましょう。
    ed04_06.jpg
    ed04_07.jpg


    ミスをしない人間なんていませんから、アキザトでは
    たくさんの眼でチェックすることを大切にしています

    ではでは、次回は粘土で模型を作るところ、
    模型から型紙を作るところをご紹介しますね!

    関連記事:
    【ふわふわイーゴくん制作日記】1. 「ふわふわ」ってなあに?
    【ふわふわイーゴくん制作日記】2. 「ふわふわ」はどんな仕組みで動くの?
    【ふわふわイーゴくん制作日記】3.ふわふわの畳み方
    スポンサーサイト

    テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
    ジャンル : 趣味・実用

    【ふわふわイーゴくん制作日記】3.ふわふわの畳み方

    こんにちは! 第19回青山学院大学同窓祭広報委員会です。
    さてさて、ふわふわイーゴくん制作日記第3回目です。
    前回の日誌【ふわふわイーゴくん制作日記】2. 「ふわふわ」はどんな仕組みで動くの? では
  • ふわふわイーゴくんはドーム型で、上下2つに分かれている。
  • ドーム型のふわふわは、背中とおしりに送風機が付いている。
  • 上には大量の、下には風圧が高い空気を送る。
  • ふわふわがずっと立っていられるのは、常に送風機から大量の風が送られているから。
  • イーゴくんを作る株式会社アキザト社長の佐藤樹祥(さとうたつあき)さんこと「たっつあん」は50kgのダイエットに成功しており、嫁が美人
  • 以上のことをご紹介しました。
    ……あれ? また強調するところを間違えたような……
    細かいことは気にしない
    さてさて、前回の記事で疑問に思ったところがひとつ。




    ed03_02.jpg

    なんでこの赤いチューブはどことも繋がってないの?教えてたっつあーん


      「いいところに気が付きましたね!
      株式会社アキザトの佐藤樹祥が解説します!」

        ……あれ??? たっつあん……

      また太っ……
      「だからどこから+50kg時代の写真を
       探して来るんですか
       い、いやあ、こんなイジれる社長さんって
       初めてなもので……
       というわけで、解説お願いします
       現在のたっつあんはこちらです







      お願いしますよもー。
      さてさて、「どことも繋がってないチューブがある」
      いいところに気が付きましたね!
      では、このチューブの部分を拡大してみましょう。






    送風機と繋がない赤いチューブは、
    ふわふわの収納時に空気を素早く抜くために使います。
    ふわふわの使用中は、必ずこのように縛って空気が抜けないようにしなければなりません。
    ここ大事です! テストに出ます

    ふわふわを置く広場を18時までお借りしていたとすると、私たちは、17時40分にはすべての片付けを終えていなければなりません。

    撤収は素早く美しく!
    これが基本中の基本、鉄則なんですね。
    また、雨が降ったときも素早く撤収しなければなりません。
    ふわふわは、「ターポリン」というテントにも使われている水を弾く布でできていますが、
    布同士の縫い目から、どうしても水がしみ出てしまうのです。

    ふわふわの終了時間になったら、
    土台部分の赤いチューブに繋がったN5送風機を外して、
    結んであったもうひとつの赤いチューブもほどきます。
    送風機については、前回の【ふわふわイーゴくん制作日記】2. 「ふわふわ」はどんな仕組みで動くの?をご参照ください

    半分くらいまで空気が抜けてきたら、
    青いチューブに繋がっているジェットファンPF-501Yも外して、
    ふわふわのお腹にある入り口も開いて空気を素早く抜きます。


    ドーム型のふわふわは、重さが約180kgあります。
    送風機はジェットファンPF-501Yが約40kg、N5が約20キロあるので、
    慣れている人でも2~3人、初心者の方なら5人くらいいないと
    設置と片付けは難しいです。



    このような状態になるまでふわふわの空気を抜きます。



    幅が1~1.2mくらいになるよう三つ折りにします。
    最後に、しっかりときつく巻いていきます。
    3人がかりで、ひとりがふわふわの上に乗って足踏みをしながら空気をうまく抜き、
    残りのふたりでぎゅっっっと固く押しながら丸めていくとスムーズに丸まるかと思います。


    ふわふわはレンタルの場合が多く、お客様で設置していただくこともあります。
    返却には宅配便をご利用いただくのですが、
    運送会社によっては、畳み方が乱れていたり、コンパクトに畳めていなかったりすると
    引き取ってくれなかったり、運賃が高くなったりする場合もございます。
    「自動販売機くらいの大きさ」を目安に畳んでくださいね。

    だいたいこれくらいの大きさでしょうか。
    写真左にあるのは送風機のジェットファンPF-501Y、
    右にあるのが畳んだふわふわです。

    慣れれば15分くらいで片付けられます。
    初めてだと、30分くらいかかってしまうかもしれないですね
    9月23日日曜日の同窓祭では、弊社が設置、管理、片付けをいたしますのでご安心ください
    終わり間近にいらしていただければ、弊社名人の片付け技が見られるかもしれません

    次回は、ふわふわの制作現場をご紹介しますね
    お楽しみに
    明日はぜひ、青山学院大学同窓祭でふわふわイーゴくんをご覧ください 
    お待ちしております

    関連記事:
    【ふわふわイーゴくん制作日記】1. 「ふわふわ」ってなあに?
    【ふわふわイーゴくん制作日記】2. 「ふわふわ」はどんな仕組みで動くの?

    テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
    ジャンル : 趣味・実用

    【ふわふわイーゴくん制作日記】2. 「ふわふわ」はどんな仕組みで動くの?

    こんにちは! 第19回青山学院大学同窓祭広報委員会です。
    ずいぶん間が開いてしまいましたが、ふわふわイーゴくん制作日記第2回目です。
    前回の日誌【ふわふわイーゴくん制作日記】1. 「ふわふわ」ってなあに?では、
  • 今年はふわふわを青山学院大学公式キャラクター「イーゴくん」で作る。
  • ふわふわイーゴくんを作るのは株式会社アキザト社長の
    佐藤樹祥(さとうたつあき)さんこと「たっつあん」。
  • 佐藤さんは50kgのダイエットに成功しており、
    嫁が美人
  • ふわふわにはドーム型、ランド型、スライダー型がある。
  • ふわふわイーゴくんはドーム型である。

  • 以上のことをご紹介しました。

    あれ?強調するところを間違えた気がするけど……いいや
    細かいことは気にしない!

    日誌の間が開いたからって、ふわふわイーゴくん作ってないわけじゃないんですよ
    ちゃんとできてますから安心してくださいね
    広報委員がパンフレット&チラシ作成とHP更新でバタバタだったのです

    ではでは、今回は「ふわふわ」の仕組みを
    佐藤樹祥(さとうたつあき)社長ことたっつあんに教えていただきます。
    せーのー
    たっつあーん!よろしくー!

    tacchan01.jpg 
      「はい! 株式会社アキザトの佐藤樹祥が解説します!」  
      ……あれ??? たっつあん……
      ちょっと見ないうちに……
      すげえリバウンド。

     「さ、さすがの僕も2週間で50kgは太れないです
      っていうか、本人すら存在を忘れていたこの写真、
      どっから持ってきたんですかぁぁあ
      ふふ、広報部員の諜報能力を侮ってはいけません

      というわけで、今のたっつあんはこちらです!


    佐藤樹祥さん  お願いしますよもー。

      同窓祭当日は、子ども広場のあたりにおりますので、
      皆様ぜひお気軽に声をかけてくださいね!
      さて、本日はふわふわ(空気膜構造遊具)
      どうやって動くのかについて
      解説をさせていただきます。
      ふわふわイーゴくんが、ドーム型であることは
      前回にお話しました。
      ドーム型は上下2つの部分に分かれていますので、
      イーゴくんのイラストを簡単な設計図にすると
      こうなります。


    イーゴくん設計図正面
    ed02_02_s.png


    入り口は、お腹の真ん中あたりですね。お腹の下部分が土台になります。


    背中とおしりのあたりに、送風機をひとつずつ取り付けます。


    ふわふわの背中から出ている太くて青いチューブには、
    上の部分を膨らませるための送風機をつなぎます。
    たくさんの空気を集めて送り込む必要があるので、
    吸い込み口と送風口が大きくて風量が強いジェットファンPF-501Yを使います。

    PF-501Yです。裏から空気を吸い込んで、手前の網部分から送ります。
    上部への送風が目的なので、羽根の回り方は扇風機と似ています。



    これはふわふわに入り、入り口を背にして写したものです。
    PF-501Y→青いチューブ→写真中央の穴→ふわふわ上部へ空気が送られます。
    写真中央の穴は、お子様が入れないように、網で厳重に封鎖されていますのでご安心ください。


    ふわふわのおしりから出ている赤いチューブは、細いですよね。


    これは、強い風圧で勢いよく空気を送り込み、土台を膨らませるためです。
    ホースで水を出すとき、口を指で押し付けて狭くすると水圧が増して、
    勢いが良くなりますよね。それと似た原理です。
    赤いチューブには、風圧が強いN5送風機をつなぎます。

    これがN5送風機です。
    写真向かって右の口から空気を集めて、手前の口から圧のかかった空気を押し出します。


    送風機からのふわふわへの風の流れを図解すると

    こんなかんじですね。
    一体160kgくらいあるドーム型のふわふわがずっと立っていられるのは、
    常に送風機から大量の風が送られているから、なのです。
    送風機を止めると、ふわふわはしぼみます。
    また、長時間入り口を開けると、ふわふわは大きくへこみます。
    そこで、お客様にふわふわへ入っていただくときは、
    いつも係員がエスコートして、空気があまり漏れないように気を配っています。

    弊社のふわふわ動画です
    [広告] VPS

    楽しそうでしょう
    僕は、お客様が弊社の製品で楽しそうに遊んでくださっているところを
    拝見するのが大好きなんです。
    この仕事をしていてよかった!と思う、幸せなひとときです。

    9月23日日曜日に行われる第19回青山学院大学同窓祭では、
    ふわふわイーゴくんが登場します!
    ぜひ、お越しくださいませ



    たっつあん、ありがとうございました~~~
    ……ん? 今回の写真を見ていたらひとつ疑問点が……。
    アレはなんでふたつ付いてるの?
    なんでひとつは使ってないの?

    さあ、私の疑問とはなんでしょう?アレってなに?
    答えは次回の【ふわふわイーゴくん制作日記】3.ふわふわの畳み方 をお楽しみに~~~

    関連記事:
    【ふわふわイーゴくん制作日記】1. 「ふわふわ」ってなあに?
    【ふわふわイーゴくん制作日記】2. 「ふわふわ」はどんな仕組みで動くの?
    【ふわふわイーゴくん制作日記】3.ふわふわの畳み方

    テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
    ジャンル : 趣味・実用

    【ふわふわイーゴくん制作日記】1. 「ふわふわ」ってなあに?

    こんにちは! 第19回青山学院大学同窓祭 広報委員会です。

    同窓祭は、子どもたちにも大人気。
    子どもが楽しめるアトラクションも数多く出展されます。
    中でも毎年、行列ができるアトラクションが「ふわふわ」。
    昨年の「ふわふわ」

    これは昨年の青山学院大学同窓祭の写真です。
    外側もお腹の中もふっかふかで、子どもたちが中へ入って飛び跳ねて遊べます。
    毎年、ふわふわの周りはとっても賑やか!大人気のアトラクションなんです。
    今年の同窓祭では人気にお応えして、
    青山学院大学公式キャラクター「イーゴくん」をかたどったオリジナルふわふわが登場します。
    その名も「ふわふわイーゴくん」
    これが完成予想図です!ばばーん!
    ふわふわイーゴくん完成予想図

    おなかいっぱい、満腹のイーゴくんってかんじで超かわいい
    いつも体育会の試合を応援しているのは、きっとお腹が空いてるイーゴくんなんですね。
    イーゴくん空腹時


    作るのはこの人!
    株式会社アキザト社長の

    佐藤樹祥(さとうたつあき)さん

    (青山学院大学経済学部経済学科卒)です! ささ、ぜひ自己紹介を!
    株式会社アキザト公式サイトはこちら:http://www.akizato.com/
    佐藤樹祥さん
    「若手なので、気軽にたっちゃん!と呼んでください」

    えーっと、では、たっちゃん、遠慮なく。
    お見合いかっ!
    もうちょっと普段の顔がわかる写真をお願いいたします~。
    「え、えーっと、いつも奥さんと子ども撮ってばかりで、
     自分の写真ってないんですよね
    わかりますわかります。あんな美人の嫁とかわいい娘さんがいたら毎日撮りますよね。
    「これとかどうですか?」
    トライアスロンに挑戦中♪

    そうそうこんなかんじの! いいじゃないですか!
    ちなみにこれは、2009年6月21日に佐賀県唐津市で行なわれた、
    第10回虹の松原トライアスロン大会で完走されたときの写真だそうです。
    佐藤さんは運動と食事療法で50kgもダイエットしたそうなので、
    大学時代の同級生だと名前と顔が一致しないかも……。
    たっちゃーん、beforeの写真ないの?
    「もちろんありますよ学生時代はこんなかんじでした
    たっちゃんbefore

    ……。
    ……。
    ……。
    ed01_07.jpg
    別人じゃん。

    以下、企画を「ふわふわイーゴくん制作日記」から
    「あっという間に50kg減!

    たっちゃんダイエットでラクラク痩せた!」

    に変更します。

    という冗談はおいておきまして、たっちゃんこと佐藤さんは35歳。
    2009年にお父様が引退されたことに伴って、株式会社アキザトの代表取締役になりました。
    そして、なんと! 今年の同窓祭にふわふわイーゴくんを寄贈してくださいます。

    すごい! 50kgも痩せたのに太っ腹

    でも、ここで疑問。
    同窓祭の「ふわふわ」は人形の中に入って遊ぶけど、
    私は「ふわふわ」のすべり台も見たことがあります。
    「ふわふわ」にもいろいろあるのかしら。
    っていうか、そもそも「ふわふわ」ってなに?

    教えて!たっちゃーん!

    はーい、ここからは株式会社アキザトの佐藤が解説いたします。
    まず、株式会社アキザトのご紹介をさせていただきますね。
    弊社では、「ふわふわ」やシーソーゲームなどの遊具や着ぐるみ、模擬店用のグッズ、風船など、ありとあらゆるお祭りやイベント用のグッズを自社製造し、全国の代理店に販売・レンタルしています(エンドユーザー様への直販はしておりません)。
    例えば、弊社の人気商品「ジャンボダーツ」をお祭りで遊んでいただいた場合は、
    株式会社アキザト
    →代理店様
    →町内会様
    →お祭りで皆様(エンドユーザー様)に遊んでいただく
    というような流れになっています。

    「すべり台みたいなふわふわ」をご覧になったとのことですが、それはスライダー型のふわふわですね。
    ふわふわ(空気膜構造遊具)はドーム型、ランド型、そしてスライダー型に分類されます。すべて、ターポリンという、テントなどに使われる頑丈な布地を縫い合わせて作ります。

    まずはドーム型。同窓祭に初お目見えする「ふわふわイーゴくん」もこの形です。
    一番基本の形です。土台は直径6m、高さは7~8mです。
    ed01_08.jpg
    一般価格(エンドユーザー価格)としては送風機込みで約180万~200万円です。
    型が決まっているので、ゆるキャラのふわふわとしては一番作りやすい型です。


    次にランド型。
    大きさにもよりますが、一般価格は100万~180万円と幅広いです。
    ランド型の「ふわふわ」
    このランド型ふわふわは5.5m×5.5m、高さ4.5mです。

    自由にデザインできるので、こんなワイルドなものも作れます。
    ランド型の「ふわふわ」その2
    この「ふわふわ」は4.9m×9.5m×高さ7.2mです。
    手前の人間と比べても、かなり大きいですよね。

    そして、一番大きいのがスライダー型です。
    大きいだけに最も製作費がかかり、一般価格は200~250万円です。
    スライダー型の「ふわふわ」
    大きなすべり台なので、お子様も大喜びです!


    株式会社アキザトでは、ただいまドーム型の「ふわふわイーゴくん」を鋭意制作中です!
    制作の模様は、随時こちらのブログでご報告します。
    ざっくりとした制作工程は
  • 元絵から、ふわふわ用にイラストを製作する
  • イラストを元に型となる粘土を製作する
  • 完成した粘土から型紙を取る
  • 布(ターポリン)を型紙に沿って切って縫製する
  • 縫った上下を合体させる
  • 立ち上がるか、起動テストをする
  • と、こんなかんじですので、お楽しみいただけるのではないでしょうか

    佐藤さん、ありがとうございました~~~!
    起動テストなんてガンダムみたいでかっこいいじゃないですか!

    イーゴくん大地に立つ!
    でタイトルは決まりですね

    次回は、【ふわふわイーゴくん制作日記】2. 「ふわふわ」はどんな仕組みで動くの? をお届けします。

    ドーム型のイーゴくんはどうやって膨らませて、
    どんな仕組みで内部に風がびゅーびゅー吹くのでしょう?
    豊富な図解と写真で、佐藤さんに解説していただきます。
    お楽しみに!

    関連記事:
    【ふわふわイーゴくん制作日記】2. 「ふわふわ」はどんな仕組みで動くの?
    【ふわふわイーゴくん制作日記】3.ふわふわの畳み方

    テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
    ジャンル : 趣味・実用

    プロフィール

    aogakudoso

    Author:aogakudoso
    青山学院大学同窓祭広報チームです。同窓祭情報を紹介していきます。よろしくお願いいたします。

    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。